猫背の原因



sponsored link

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link




悪いイメージばかりが目立つ猫背、その原因とは一体なんなのでしょうか。

猫背の原因は大きく2つです。ひとつは日常生活の中での動作からくるもので、もうひとつは筋力の衰えからくるものです。この2つが猫背という悪い姿勢を作る原因になっています。

日常生活の中での動作で一番多いのが、最近はパソコンやテレビを長時間使用される方が増えたことです。画面に夢中になると頭が体より前に出ようとして、結果背筋が曲がるのです。
昔で言うと、農作業も猫背の原因になっていました。地面に農作物の種を植える作業、農作物を刈り取る作業、農作物に影響が出ないよう雑草を刈る作業、などなど低い位置での作業が強いられるため、背筋が曲がり猫背になってしまうわけです。

歩いているときの視線も影響しています。近距離の地面ばかりを見て歩いていると、頭が前に出て首から背筋にかけて曲がってしまうので、なるべく遠いところを見ながら歩きたいところです。

さらに日常生活の中では、腹筋よりも背筋の方が使う機会が少ないことで、背筋がどんどん衰えてしまいます。背筋が衰えると背骨を支える力が弱まり、根本的に骨から曲がってしまうのです。


⇒ 猫背の影響

sponsored link

copyright©2009  猫背.com  All Rights Reserved