正しい立ち姿勢



sponsored link

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。






sponsored link




さて、正しい姿勢とは一体どんな姿勢のことを言うのでしょうか。言わずとも大体ご存知の方が多いとは思いますが、ここでは正しい立ち姿勢の3つのポイントを前提にお話していきたいと思います。その3つのポイントとは@疲れないA体全体に負担がないB動きやすいの3つです。このポイントを踏まえた上で、抑えておきたいことを箇条書きしていきましょう。

・頭の先を引っ張られている感覚
・顎は少し引く
・肩と腕の力は少し抜く
・肩と腰は平行
・足の裏全体で立っているイメージ(少しかかと寄り)
・正面から見て体の中心に重心を保つ
・側面から見て少し湾曲しながら中心に重心を保つ
・足は肩幅より少し開いた状態

前から見ても横から見ても、中心に重心が乗っているのが基本です。頭が傾いていてもダメですし、背筋を張りすぎてお腹が出過ぎているのもダメです。これが正しい立ち姿勢です。

鏡の前で立って自分の今の楽な姿勢と見比べてみましょう。携帯のカメラなどを使って、記録して見比べるのも分かりやすいと思います。
すでに悪い姿勢が身に付いてしまっている方は、最初窮屈な感じがするかもしれませんが、慣れると自然と力が抜けて楽になります。


⇒ 正しい座り姿勢

sponsored link

copyright©2009  猫背.com  All Rights Reserved