ストレッチ



sponsored link

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link




ここでは猫背を矯正するためのストレッチ法をご紹介したいと思います。

まずストレッチの基本は、柔軟体操とは違って反動を付けずゆっくりと深呼吸しながら行います。自分で(もしくは他人の手を借りたときでも)伸縮可能な範囲での限界近くで、数十秒静止します。目的としては筋肉の柔軟性だけでなく、筋肉の緊張緩和、血行の改善、筋肉の弾力性などの効果です。

ではストレッチの基本を知った上で、猫背を矯正するストレッチ法を実践してみましょう。

肩甲骨付近を伸ばすのが最も効果的です。
@右手を上げて肩の後ろ側に手がくるように肘を曲げます。
A左手で右手の肘を支えて、頭を体の後ろ側へ倒そうとします。
B背中の筋肉が伸びている感覚を感じたら、深呼吸をしながら30秒間静止します。
C終わったら、A@の順でゆっくりと終了します。
D反対の手で@〜Cを行います。
これを第1工程とし、
E体の正面へ腕を伸ばして手を組みます。
F体の外側へ向かって手を裏返し、肩と腕を伸ばします。
Gそのまま頭上へ腕を上げ、頂点で静止します。
H今度は手を体の後ろ側で組み、上半身を前に倒します。
I手はその反動で体の上へ伸ばし、頂点で静止します。
これが第2工程として、
@〜D、E〜Iを2セットづつ行うだけで、猫背だった背中が少し真っ直ぐに矯正されているはずです。

入浴後など、体が温まり血行が良くなっている時に行うとさらに効果的です。毎日続けられなくても、1日おきでも実践すれば、少しづつでも曲がった肩と背中が矯正されてくるでしょう。


⇒ 筋力トレーニング

sponsored link

copyright©2009  猫背.com  All Rights Reserved